安藤 誠さん(makoto ando)対談音声 vol.1

安藤誠さんと対談した音声を公開しました〜!!

安藤誠さんは、北海道認定アウトドアガイドプロ資格取得マスターガイドであり

NPS(ニコンプロフェッショナルサービスメンバー)や

ネイチャーズベストフォトグラフィーアジア写真コンテストにて2年連続受賞されている

プロの写真家でもあります。


ガイドの傍らで定期的な講演活動を行い、自然環境が果たす「人と自然への役割」を

様々な角度から伝えられています。


人間は自然から学ぶべきことが実に多くあります


紛れもなく人間は自然の一部です。

人間社会の一部に自然があるのではなく、自然の一部に人間社会があります。


古来、人は自然に対して畏怖と尊敬がありました。

災いは 神=自然の怒り であるため、拝み、祈り、鎮守したのです。

人と自然の調和がそこにはあったのです。


古来から現代にかけて失われたものの一つが「感性」です。

他者への慈しみ(自助・互助・命を戴く)や、危機管理能力(危機察知能力)

自己責任能力(未来決定能力)などもこれらに含まれます。


しかしこれらは人口物であるコンクリートや

アスファルトの中では「鈍感」になってしまうのです。


スマートフォンに代表される現代機器はこれら感性を代用してくれます。

そのため、委ねれば委ねるほど自身の能力は衰えるのは必然です。


使ってはいけないではありません。現代文明も活用はすべきです。

ただし、頼りすぎると…です。


安藤誠さんの「目標達成のさせ方」は世の中の全てに通じる本質の塊です。

それらは「自然」と向き合うことで培われた「感性」だと思います。

動物的であり野生的な「鋭感」です。


人は最終的に自然と向き合うことになる。


先ずは第一弾です!!

ぜひ聞いてみて下さいね〜😃