■9月29日 スペシャルワンデー開催!!

■9月29日 スペシャルワンデー
GUESTの一人ミカモトヒロキさん
彼の志事(仕事)霊能師とはどんな志事なのでしょうか??
彼の半生を綴った書籍「ジレンマ」より...

↓↓↓↓↓

人は生れながらにして各々の才能を持っている。
生まれた時から持つ才能を活かし生きることが出来たなら
それがそのまま「タマシイの輝き」となることも視える。
本来、人は、本当は自分のタマシイの一番の「輝かせ方」を知っている。

現代という時代に生きることで、人間的事情を
優先しなくてはならない状況を余儀なくされてしまっている
現実は確かに存在している。


もしくはそのサインが出でいるはずであるのに 

そのために、本来、個々が持っているはずの

それぞれの輝きを失わせ、元に戻す方法を

自分のタマシイから受け取る事が困難な状態の中で

生きているという負の連鎖が起こっている事は否めない。


個人個人のタマシイが輝いた時、その輝きはその人だけに留まらず
その人の周りの人からより多くの人の役に立つ"輝き"となることは間違いないこと。


「もっと輝けるはずなのに。もっと輝かせることができるのに」

この事が、霊能師としての僕の最大のジレンマ。

また"人間"という器のために、それを自ら封じ込めさせてしまう

世情に対して、"人として"もジレンマを感じずにはいられない。


 僕が出逢う人達の中にある、そのような『タマシイのジレンマ』を
少しでも解消するためのこの志事。

 
更には、肉体を失くし、本当の想いをその口から伝える術を
失くしたタマシイや森羅万象に宿る『タマシイのジレンマ』も
解消するための志事である。
一一一一一一一

 ■これ、僕のコンセプトと全く同じなんです!!

「仕事」とは本来「志事」であり
シゴトとは、人や世の中を喜ばせたり良くしていくものであり

本来は、生活の為にしたり、金をもらう手段でなはい。
 
本当のシゴトをしている人はタマシイが輝いて
ワクワク楽しくエネルギッシュに生きれるようになっている。

 わずかながらのお金の為に、タマシイにウソをついて
本当はやりたくないことを、奴隷の様にやっている人は
どんどんタマシイの輝き(目の輝き)を失っていく。

今、あなたがやっていることは
あなたが本当に人の為、世の為にやりたい事なんですか??

もしそうでないとしたら、自分にウソをつかないで
奴隷的働き方をやめる事をモチベーションにした方が良いですよ。
自分を取り戻せなくなります。

メンターからの教えVol.10でこのお話をしています。

みんなが、自分の名前を思い出す日になってくれればと思っております。


そろそろ奴隷やめて、自分を生きようよ!!